ディスカバリークラブの2学期。 新しいつみきで、たくさんの作品を作っています。

ひとりで作るのではなく、いつでも数人が集まり協力し合ってひとつのものを作り上げる。

そんな光景がよくみられます。

 

 

 ↑これは何?と聞いたら

「作業するところ」と言われました。何の作業をしているかは、ひみつだそうです。

 

 

これは「宝箱」だそうです。たくさんの積み木をいれてます。

そして「飛行機」です

 

 

そして、そして、ハルカス積み上げるのではなく、平面に並べていました。

 

 

積む、並べるだけではなく、「崩す」も楽しみます。

大きな積み木をざっと積み上げ、音がならないようにひとつずつ、

指1本で取っていく 「山くずし」 もやってみると、

年長さんが、夢中になっていました。

小さな音も聞き逃さないように、とても集中していました。

 

 

つみきと言っても、作るだけではなく

いろいろな「遊び」も次々に考えて、たのしんでいる子どもたちです。

次は、何を作ってくれるのか、どんな遊びを考え出すのか、楽しみです。