もうすぐ節分です

 

 

5歳児は鬼を鉛筆で下書きし、その上を絵の具でなぞりました。

 

筆ではなく、割りばしを筆の代わりとして使用すると味のある作品となります。

 

 

歯を1本ずつ描いています。

 

「怖い鬼を描く!」という気持ちで頑張っていました

 

 

真剣に見比べながら描いていました。

 

細い線や太い線が鬼に躍動感を与えます

 

 

鬼にもたくさんの種類や表情があります。

 

独特の世界観を持って、描き続ける子どもたちです

 

 

コンテで色を付けました

 

 

トゲトゲの金棒に力を感じます

 

 

指の腹でこすって、色をぼかしていきます

 

 

「鬼」が完成しました

 

カラフルな鬼たちは少し不気味です。

 

子どもたちの「鬼」に対しての思いが作品に現れています