4歳児が4月の絵画製作「桜」を描きました

 

 

公園の桜を十分堪能した後、園に戻って桜を描きました

 

植物は地面から生えてくることを伝え、初めに地面を描きました。

 

 

枝は何本にも分かれており、木は一色ではないこと。

 

公園の木はどんな色をしていたか、思い出しながら描いていました。

 

 

絵の具は白と赤を出しました。

 

既製品の桃色を使うのではく、また白色と赤色を混ぜるのではないところがポイントです

 

 

独特のグラデーションで桜の花びらが描かれていきます

 

 

塗りつぶすのではなく、今回は点描を心がけました。

 

桜の花を丁寧に、慎重に描いています

 

 

等間隔で描く子、

 

 

木の周りに描く子、様々な表現の子どもたちです

 

 

約束事は「一本の指で描くこと」「点を塗りつぶさないこと」のに2点です

 

 

白と赤が画用紙の上で混ざり合い、きれいなグラデーションとなっております

 

十人十色の素晴らしい作品となりました