光聖寺

現代社会に貢献できる寺を 幼子の魂の教育が仏性を創る 合祀墓のある上町台地の浄土宗寺院
墓地について

遍照山光聖寺は享保4年の創建された浄土宗寺院であります。

住職は第12世秋田光哉(あきたこうさい)
第11世までは創建以来、尼僧寺院でありました。
「現代社会に貢献できる寺を」「幼子の魂の教育が仏性を創る」をコンセプトに
平成5年4月に寺自体を光聖寺Ed(エディケーション)ビル
(8階建て延べ床1973.9m2)として完成しました。

本堂は8階に位置し、上町台地の中でも高台にあり、眺望が極めて良好で
晴れた日には西には淡路島、東には生駒山が見渡せます。
本堂はモダンな荘厳の中にも誰もが癒される空間となっており、
広間と応接間が隣接され檀信徒様のご法要などで活用して頂いております。
最大50名様までの葬儀や法事でもご利用いただけます。

浄土宗 遍照山 光聖寺
住職
秋田光哉

墓地はビルに隣接し享保4年に創建した時の山門が
墓地の入口となります。
様々な広さの墓地が用意されています。
1聖地(90×90cm) 永代使用料200万円。

その他にも合祀墓があり、
お墓の後継者が無い方や無縁さまになられた方の
ご遺骨を埋葬しております。
※宗派等は問いません
こちらに関しては特に志納金を定めておりませんので、
納骨のお勤めの祭、お布施としてお願いしております。
なお、別途、戒名(お名前)を墓石に標したり、
位牌をお預かりする場合は別途実費申し上げます。

※詳細についてや所在地、地図は
お問い合わせからご確認下さい。

【お問い合わせ先】
06-6679-1152     koshoji@gmail.com
光聖寺担当まで

【所在地】
〒543-0073
大阪府大阪市天王寺区生玉寺町2-6